腰痛持ちにおススメなマットレスとは?!

高反発マットレスが腰痛の方にはおすすめ

 

睡眠

マットレスにはいろいろな種類があり、硬さや柔らかさは使う人の好みですが、腰痛の方の場合、柔らかすぎるマットレスは症状を悪化させる恐れがあります。

 

低反発マットレスといえば、優しく包み込むように体を支えてくれて、寝心地が優れていると思われていますが、体がマットレスに沈み込んでしまうので、肩や腰に想像以上に負担がかかります。

 

腰痛持ちの私の体験では、痛みがひどくなったこともあります。

 

腰痛の方のマットレス選びでは、寝返りが楽に打てることが大切です。

 

人は誰でも、寝ている間も体重のバランスを取ろうと無意識に寝返りを繰り返していますが、低反発マットレスだと体が沈みすぎて寝返りが打ちにくくなります。

 

その点、高反発マットレスなら、寝返りの際に余計な力がいらないので、腰痛にも負担がかかりません。

 

ただ、注意しなければならないのが、高反発マットレスであれば高反発マットレスであるほどいいというわけではないということです。

 

硬すぎる高反発マットレスだと、体とマットレスとの間に隙間ができてしまい、腰や肩などマットレスと触れているところばかりに負担がかかってしまいます。

 

高反発マットレスであっても、体の凹凸とマットレスがフィットするだけの柔らかさは必要です。

 

お尻が深く沈み込むような低反発では腰痛には負担がかかりますが、床のような硬いところで寝るのも腰や肩に負担がかかることはお分かりいただけると思います。

 

 

したがって、体の表面全体にフィットする程度の柔らかさがある高反発マットレスが、腰痛持ちにはベストということになるでしょう。

 

 

高反発マットレスについては、腰痛対策マットレスを解説してるサイトで
高反発マットレスについて詳しく解説されてるのでご確認ください。

低反発マットレスが腰痛の症状を悪化させる理由

 

低反発マットレスといえば、寝心地の良さが抜群で一時流行りました。

 

体全体が包み込まれるような柔らかさがあり、どんな姿勢でも眠れてしまいます。

 

しかし、実はこの柔らかさが、腰痛持ちにとって症状を悪化させる原因になってしまうのです。

 

寝心地が良いからといって体に負担がかからないというわけではないのです。

 

低反発マットレスが腰痛に悪い理由はいくつかあります。

 

一つ目は血行が悪くなることです。

 

血液は体がまっすぐ伸びている時の方がよく流れます。

 

しかし、低反発マットレスだと、どんな姿勢でもそのまま沈み込んで体を固定してしまうので、背骨が曲がった状態で眠り続けることになってしまいます。

 

その結果、血行が悪くなってしまい、血液に含まれる酸素や栄養が体の隅々まで十分に行き届かなくなってしまいます。

 

血液の流れが悪くなっている部分は、調子が悪くなるのは当然でしょう。

 

低反発マットレスが腰痛に悪い二つ目の理由は、寝返りが打ちにくいことです。

 

寝返りは、筋肉のゆがみや血行の滞りを改善し、疲労を解消するために起こる無意識の反応です。

 

体に必要だから自然に起こる反応であって、それがスムーズに行えないと体に溜まった疲労が解消できません。

 

一見寝心地が良さそうな低反発マットレスですが、ずっとそれで寝ていると、どんどん筋肉が疲れていきダメージが蓄積されてしまいます。

 

仰向けの姿勢だと、全体重の半分近くが腰回りにかかっていますから、特に腰への負担は大きいです。

 

ですから、腰痛の方でもし低反発マットレスで寝ているのなら、すぐにもっと硬いマットレスに変えることをおすすめします。

 

私の場合、高反発マットレスに変えてから腰痛が改善されました。

腰痛持ちにもおすすめ!トップアスリートにも愛される「西川Air」

 

大リーグで活躍する田中将大選手や、サッカーの三浦知良選手など、多くのトップアスリートが愛用しているマットレスが西川Airです。

 

体が資本のアスリートに愛されているぐらいですから、腰痛持ちの方でも安心して使えるマットレスです。

 

西川Airの構造は中身のウレタンにたくさんの凹凸があり、ポケットコイルマットレスのように、体重を一点で支えるのではなく多数の点で支えます。

 

ウレタン素材は、3かける3の9個ずつの凹凸で一ブロックを形成し、合計1000個以上の凹凸で全体を構成しています。

 

このため、体重をかけると体全体を面で支えるので、マットレスの硬さのわりに圧迫感を感じません。

 

体全体にフィットするように、体重が重くかかるところは沈み込み、そうでないところは沈まないようになっています。

 

このおかげで体圧分散ができて、血行を阻害しないようになっており、腰痛持ちの方にもおすすめできるのです。

 

西川Airで寝るようになってから、眠りが以前より深くなったように感じます。

 

寝起きが楽で、腰にあった痛みも解消されました。腰痛持ちの方ならわかると思いますが、夜寝ようと思って体をベッドに横たえても、腰の痛みが気になってなかなか眠りに就けません。

 

眠ってもうつらうつらという状態で、心身ともに休んだという実感がなく、腰への疲労もたまっていきます。

 

それが西川Airにしてから、ベッドに入ってすぐに眠れるようになり、眠りが深いので夜中に起きることもなく、朝起きたときは心身ともにすっきりするようになりました。

 

腰痛持ちなら試す価値はあるマットレスだと思います。

腰痛持ちでもぐっすり眠れる高反発マットレス「モットン」

 

睡眠

インターネットでしか買えないマットレスのモットンは、日本の気候や風土、日本人の体形を研究して開発されたマットレスです。

 

モットンについて詳しくレビューされた参考サイトです。

 

 

 

腰痛の原因の一つに寝返りが不自然なことがありますが、モットンは自然に寝返りが打てるように、寝心地、体圧分散、反発力、通気性などを研究して作られています。

 

また、気温の変動が激しく、湿度の高い日本の気候に対応するように、NASA開発のウレタンフォームが使われているので、耐久性もかなりあります。

 

 

 

モットンに横になって驚いたのは、硬い高反発マットレスなのに寝心地が素晴らしく良いところです。

 

体全体にフィットするようにマットレスが包み込んでくれます。
寝た時の姿勢をキープしてくれますが、それでいて体の一部に負担がかかるようなこともありません。

 

腰痛持ちは起きた時に腰が重くてだるいのですが、モットンで寝るようになってからそれがなくなりました。

 

 

硬すぎず柔らかすぎず適度な反発力で、腰痛持ちの人にはお勧めできるマットレスです。

 

 

一つ気づいたことは、新品のモットンを開封したときに独特のにおいがあったことです。
気になって問い合わせてみると、このにおいはウレタンフォームを膨らますために使われる炭酸ガスによるもので、人体への影響はないということです。

 

 

JIS規格をクリアしているので、赤ちゃんが寝ても安心です。

 

 

ウレタンフォームの構造上、においを吸収しやすいということでしたが、1週間ほどたつとにおいは完全になくなりました。

 

あとよかったのは、90日間のお試し期間があることです。

 

モットンはシングルサイズで39800円という値段ですが、90日間は返金保証があるので安心して使えました。

 

日本人のために開発された敷布団「雲のやすらぎ」が腰痛にいい理由

 

腰痛や肩こりの特集でテレビでも話題になっている雲のやすらぎは、朝起きた時に「疲れが取れない」「腰や背中が痛い」という人のために開発された敷布団です。

 

私も最近腰痛に悩まされるようになり、それまではぐっすり眠れていたのに、腰痛になってから夜中に目が覚めることが多くなりました。

 

朝起きると、腰に鈍い痛みが残っていて、すっきりと目覚めることもできませんでした。

 

それが、雲のやすらぎに変えてから、ぐっすり眠れるようになり、起きた時の腰の痛みも消えました。

 

ふつうの布団で寝る場合、寝ているときの姿勢が取りにくいので、重さのかかる腰にばかり負担がかかります。

 

雲のやすらぎは、寝ているときの姿勢をキープしてくれ、自然な寝返りが打てる布団です。

 

寝ている間は誰でも体のバランスを保つため無意識に寝返りを打っていますが、柔らかすぎる敷布団の場合、体重のかかる腰が沈み込み、それが負担になって腰痛を引き起こしてしまいます。

 

雲のやすらぎは、体を支える凹凸と、力を逃がす横向きの繊維でできており、寝返りの時にも布団がしっかり体を支えてくれて、腰だけに負担がかからないようになっています。

 

だから、腰痛持ちでもぐっすり眠ることができるのです。

 

雲のやすらぎは、マットレスと違っておりたたむことが可能です。

 

それでいて17センチもの厚みがあるので、長期間使ってもへたりにくくなっています。

 

海外製のマットレスのなかにも腰痛にいいものがありますが、おりたためないので布団を敷いて寝る人には向いていません。

 

その点、雲のやすらぎは日本人のために開発された敷布団なので、たたんだり干したりといった動作もしやすくなっています。

柔らかい布団より硬い布団の方が腰痛に良い理由

 

布団

腰痛には柔らかい布団より硬い布団の方が良いと言われますが、なぜそう言われるのかを考えてみましょう。

 

腰痛の原因はいろいろありますが、一口に言うならば姿勢の悪さによる背骨のひずみです。

 

ということは、腰痛に良い布団とは、背骨のひずみを治す布団ということになります。

 

柔らかい布団に寝た場合を考えてみましょう。

 

柔らかいものに重い物を置くとその部分だけ沈み込むことからもわかるように、柔らかい布団で寝ると体重のかかる腰や肩の部分ばかりが沈み込みます。

 

つまり、背筋がまっすぐになっていない状態です。

 

また、体が沈み込むと寝返りが打ちにくくなります。

 

布団に沈み込んだ状態から寝返りを打つには、いったん腰に力を入れて体を持ち上げなければなりません。

 

人は1日の約3分の1を寝て過ごしますが、それだけの時間をこの状態で過ごすと、背筋の曲がった状態で固定されるうえに、腰には常に負荷がかかってしまいます。

 

これでは腰痛が悪化して当然です。

 

一方の硬い布団の場合、体が布団に沈み込まないので、自然と背筋がまっすぐ伸びた状態をキープできます。

 

寝ている時間ずっとその姿勢をキープするということは、自然と正しい姿勢に矯正されるということです。

 

正しい姿勢を保てば、背骨のひずみも徐々に治っていきます。

 

背骨のひずみが解消されれば、腰痛の原因が取り除かれることになるので、腰痛も治ってしまうのです。

 

実際、私も硬い布団に変えて腰痛が解消されました。

 

だからこそ、腰痛には、柔らかい布団より硬い布団の方が良いと言われるのです。

異常がないのに腰痛!精神的ストレスが原因

 

腰痛で悩む人は高齢者や中高年ばかりではありません。

 

最近では、特に痛みの原因が見当たらないのに腰痛に悩む若い人も増えています。

 

実際、医療機関の検査で腰痛の原因が見つかる割合は2割程度とされているぐらいで、大半の腰痛は器質的な要因ではなく、精神的な要因が作用していると考えられます。

 

椎間板ヘルニアのような器質的な異常がないのに腰痛が何か月も続くような時には、精神的ストレスが原因と考えた方がよいでしょう。

 

ストレスや不安、鬱などの精神的な問題は、体に物理的な影響をもたらします。

 

精神的な問題の原因は人によってさまざまですが、強いストレスにさらされ続けると、下行性疼痛抑制系という脳が痛みを抑える仕組みの働きが悪くなります。

 

これが正常に機能しているときは、脳から鎮痛作用のある物質が分泌されて痛みを抑えるのですが、精神的なバランスが崩れているとそれが正常に機能しなくなり、ちょっとした痛みでも強く感じてしまうのです。

 

また、私も経験したことですが、一度腰痛を経験すると、また腰痛が起こるのではないかと不安に思って腰をかばうようになってしまいがちです。

 

しかし、腰をかばってあまり動かさないようにしていると、腰回りの筋肉から柔軟さが失われ、かえって痛みが起こりやすくなります。

 

痛みが出たらますます体を動かしたくなくなるものですから、さらに筋肉の柔軟さが失われて、腰痛は悪化の一途をたどります。

 

過去に腰痛を経験している人ほど、腰痛が再発しやすいのには以上のような精神的な理由があるのです。

ぎっくり腰になったときに楽に眠れるマットレスとは

 

腰を抑える女性

突然腰を痛みが襲うぎっくり腰ですが、ぎっくり腰を治療するには安静に寝るしかありません。

 

しかし、痛みがひどくて眠れない場合や、寝ている姿勢が悪くて悪化させてしまうという場合もあります。

 

ぎっくり腰を早く治すには、腰に優しい寝方とマットレスが必要です。

 

ぎっくり腰のときにはうつ伏せで寝ると良いと言われます。

 

腰が上を向くので腰にかかる負担が少なくなるからです。

 

しかし、うつ伏せのまま長時間寝ることは難しいです。

 

呼吸がしにくいですし、体が圧迫されて苦しくなります。

 

それより横向きに寝る方が体には楽でしょう。

 

膝の間にクッションを挟めば、腰の位置が固定されてより楽になります。

 

大切なのは腰に負担をかけない姿勢を保つことです。

 

体を横たえるマットレスの種類にも配慮が必要です。

 

柔らかい低反発マットレスだと寝心地が良いので、一見、ぎっくり腰にも良さそうに思えますが、実際は逆効果です。

 

柔らかすぎるマットレスでは、重心のかかる腰が沈み込んで、そこにばかり負荷がかかってしまいます。

 

寝返りも打ちにくいので、腰に溜まった疲労が取れにくいです。

 

その点、体圧が均等に分散できる高反発マットレスは、腰への負担が少ないです。

 

私の体験でも、高反発マットレスに変えてから寝返りが打ちやすくなり、ぎっくり腰のときに助かったことがあります。

 

高反発マットレスにもたくさんの種類がありますが、大切なのは「体が沈み込まない」ということと「体圧分散に優れている」という二点を同時に満たしていることです。

 

つまり、硬ければ硬いほど良いというわけではなく、壁に立てかけられるほど全体的にはしっかりした硬さがありつつ、表面は柔らかいマットレスがベストです。

へたったマットレスは腰痛を悪化させる原因

 

私の体験ですが、ある朝起きた時、腰痛がひどくなっていたことがありました。

 

良く調べてみると、へたったマットレスに原因があることがわかりました。

 

腰は人間の体のなかで最も重い部位です。

 

同じマットレスを長期間使っていると、その重さによって腰の部分だけがへたってしまいます。

 

へたりの大きいマットレスに横になると腰が深く沈みますが、その姿勢で長時間寝ていると次第に腰椎が湾曲してしまい、腰痛を引き起こす原因となります。

 

ですから、朝起きて腰痛が悪化していると感じることが増えてきたら、へたったマットレスが原因と疑ってみましょう。

 

どんな高級なマットレスにも寿命はあり、数年使い続けると多かれ少なかれへたります。

 

そうなったらマットレスを買い替える時期です。

 

マットレスを買い替える際、特に腰痛や肩こりがひどい方は、体圧分散に優れた高反発マットレスを選びましょう。

 

寝心地が良いということで低反発マットレスが流行った時期もありましたが、低反発マットレスだと横になったときに体が沈みすぎてしまいます。

 

特に重心のかかる腰だけが落ち込むので、腰痛の方の場合、症状が悪化する恐れがあります。

 

寝返りも打ちにくく、寝ているだけで腰に負担がかかってしまいます。

 

高反発マットレスは寝返りの打ちやすいマットレスです。

 

寝返りは、体のバランスを整えるために睡眠中に無意識に行う動きですから、腰痛の方は特に寝返りのしやすさを重視する必要があります。

 

その点、高反発マットレスなら、体が沈みにくいので腰にばかり負担がかかることはありません。

 

へたったマットレスを使っている方は、高反発マットレスに替えるだけで腰痛が改善する可能性が大です。

硬い布団よりも腰痛に良い高反発マットレス

 

腰痛には硬い布団が良いという意見がありますが、すべての腰痛持ちにそれが当てはまるわけではありません。

 

今まで低反発マットレスのような柔らかい寝具で寝ていたために腰痛になったという人なら、硬い布団にするだけで改善するかもしれません。

 

しかし、私も経験しましたが、「特に柔らかい寝具で寝ているわけではない」という方は、単に硬い布団に変えても腰痛が改善されないこともあります。

 

腰痛の方が睡眠中に取るべき姿勢は、背骨が体のラインに沿って自然とS字に湾曲するような姿勢です。

 

その点、硬い布団は、低反発マットレスよりS字を保ちやすい寝具です。

 

ただ、布団に厚みがないと、底付きといって体が床にダイレクトに当たった状態になってしまいます。

 

特に重心のかかる肩や腰には、底付きの影響がもろに出てしまいます。

 

底付きがある寝具だと、体重を支える面積が肩や腰などの一部に限られてしまいます。

 

腰痛の方の場合、腰に負担がかかる姿勢で寝ることになるので、症状が悪化することにもなりかねないのです。

 

低反発マットレスに比べると硬い布団は良いのですが、腰痛の改善を考えるなら、体圧分散のある高反発マットレスで寝る方が良いでしょう。

 

高反発マットレスなら、点ではなく面で体全体を支えてくれるので、体の一部にだけ負担がかかるということはありません。

 

ただ、高反発マットレスならどれでも安心かというと例外もあります。

 

マットレスを選ぶ際は、しっかり厚みがあって、体重をかけても底付きがないことを確かめてからにしましょう。